ディスク内容が正しい状態なのかチェックのためにDDコマンドでディスクイメージを吸い出して、変更箇所をチェックしているのですが、MAC OS Xには困った動作があります。ディスクを接続すると自動でマウントし、.Trashesを始めとした隠しファイルを自動的にディスクに書き込みます。お陰でディスクのイメージが予期していた以上に変更されていて確認作業で(この作業がいつ終わるの?という)深刻な気持ちになりました。気づいたら早いです。Windows版のDDツールがシリコンリナックスで公開されているのでDD for Windowsを使ってイメージを吸い出すことにしました。

色んな所に罠が仕掛けられていますねぇ。